結婚式仲介人

仲介人挨拶 例文

仲人の挨拶は要点をしっかりとまとめる事が大切です。
以下に例文を記載しました。

ほぼ、皆さん同じ事を申されます。
自分自身の言葉が、最近になって重要視されていますので、以下の例文を要点を抑えて自分なりにアレンジしてみてください。



「@皆様、本日はお忙しい中、多数ご列席を賜りまして誠にありがとうございます。


先ほど御神前におきまして、新郎○○君、新婦○○さんの結婚式が目出度く整いましたことをまずもって皆様に皆様にご報告申し上げます。ほんとうにおめでとうございました。


A<お二人の紹介>


B<結婚に至るまでの過程>


C縁あって結ばれましたお二人は只今より新しい人生の第一歩を踏み出されるわけですが人生は良い時ばかりではありません。山あり谷あり、時にはつらく苦しいこともあろうかと思います。しかしそんな時には、この希望に満ちた今日のこの日のことを思い出し仲良く助け合い、また自分たちの力で困難を乗り
越え、しっかりとした、明るく楽しい家庭を築いていってほしいと思います。


Dご列席の皆様にも、この若い二人が、つつがなくこれからの人生を歩んで行けます様、ご支援の程お願い致しまして、甚だ簡単ではございますけれどご媒酌の挨拶とさせていただきます。」


 
仲人のあいさつ・要点

@結婚式が目出度く済んだという報告の言葉。

Aご両家・ご両人の紹介。最初に新郎の家柄・家族・経歴など。
続いて新婦の紹介。

B結婚に至るまでの過程

C媒酌人としての、この結婚に対する感想。

D新郎新婦に対するご指導・ご鞭撻を招待客にお願いする。


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。