国際結婚

国際結婚の近況

2005年現在、結婚総数の約5%が国際結婚です。


この数値はなんと、20年前の約10倍!



また、日本国内の国際結婚への認識はマスコミの報道で一般論化されている情報と厚生労働省等の統計事実と大きく違い、また国際結婚の内訳は性別によって著しく違う事は特記すべき興味深い状況です。




まず最初に、日本人の国際結婚総数は、夫が日本人であるカップルの絶対数が圧倒的に多い。



厚生省統計によれば、2003年(平成15年)の国際結婚数は、


夫日本人・妻外国人が27,881組、
夫外国人・妻日本人が8,158組で、

3倍以上の差。



これはマスコミが「日本人男性は外国人女性に相手にされず、日本人女性は外国人男性に人気がある」等と報道する事により、生じた一般論のイメージとは正反対の統計である。



しかしながら、厚生省の統計は、何れも日本国内に居住する結婚のみは対象で、外国人と結婚して、外国で定住する日本人の例は反映されていない!

(日本人女性にはこのケースが多く実際には日本人女性の方が外国人と結婚をする数が多いとの意見もあるが、データは示されていませーん。)





また、男性が外国人で女性が日本人のカップルは、外国人男性が米国、英国などの英語圏・西欧諸国の出身である事がその反対の場合より圧倒的に多い。



2004年厚生労働省の統計によると男性が米国人で女性が日本人のカップルは17.4%

対して、女性が米国人で男性が日本人のカップルは、0.6%にとどまっている


(ただしこれは国籍で区分したものであり、人種の区分とは必ずしも一致しません)


ちなみに上記統計によると、女性が外国人で男性が日本人のカップルは、外国人女性が東南アジア、中国、韓国等のアジア諸国出身である場合がほとんどである(89.6%)



つまりマスコミの報道は国際結婚を日本人女性と外国人男性の結婚だけに限定し、配偶者の出身地域を非欧米諸国と欧米諸国とに分け、欧米諸国の出身者だけを外国人と定義すれば、報道内容は比較的事実に近いです。



また、このような偏見が生じた原因は、日本人の中には外国人と言えば欧米諸国民をイメージする者が多いことが理由の一つである事が考えられますね。


またマスコミなどでは、「男性が日本人の国際結婚で、外国人妻がアジア諸国出身の結婚目的は主に経済的助勢である」事を暗示するかのような報道の為、一部の外国人妻から、マスコミに対する異議申し立てが行われてるそうです。



2005年11月、読売新聞一面のコラムでこの文脈に沿った連載記事が掲載されました。



その他の傾向としては、国際結婚の諸問題に対応する、Webサイトを代表とする相談窓口が、外国人夫と日本人妻とのカップルを前提としているものが多いため、その逆の組み合わせの国際結婚夫婦が相談できない例が増えてきたとの指摘あり。



また、日本人の国際結婚は外国人夫と日本人妻との間で起こるという妄説は、外国人妻の日本での生活において抱える問題を認識しない状況を作る可能性がある。



他にも、日本人男性と結婚した外国人女性は教育が不十分であるとの偏見をもつ者が日本女性には多く、外国人妻を無知な存在であるとして見下した態度を取ったり、あるいは無知故に日本人男性に騙された存在として過剰に保護を行うことがあるため、自分への処遇が不相応なものであると感じる外国人妻が増えているとの意見もある。




もちろん実際には、希望して日本人と結婚した外国人女性が多いのであり、また、大卒や院修了など高い教育を受けた者が少なくない。


国際結婚

国際結婚に纏わりつく社会問題

国際結婚についてはその離婚率の高さが指摘される。


2002年の段階で、離婚率は43%に上り、これは日本人同士の38%に比べて高い。



夫が日本人で妻が外国人である場合

日本と東南アジアとの経済力の差から、結婚を名目とした出稼ぎが多いとされており、日本人「夫」が仲介者を経て名義を賃貸し婚姻届の提出により「結婚」が成立していたという事態も判明された。

そのため、入国管理審査が厳しくなり、実際に結婚する場合でも手続きが煩雑となってしまった。この様な、偽装結婚は、現在(平成18年)には、少なくなったが、悪徳国際結婚仲介業者は増えている。




悪徳な具体例は:

1.結婚希望の男女のコミニケ−ションを除外し、早期結婚をさせる。                   

2.男女のプロフィ−ルを偽り、男女双方に相手を良い様に思わせ、結婚させて、利益をむさぼる。      

3.外国女性サイドの業者は、女性に借金をさせて、大金(現地労働者の年収の5〜20年分)を支払わせている。

この事を内緒、または、偽っている。

この事により、夫は正規の結婚をしたつもりが、実際は外国妻の出稼ぎ同然となっている。                              

4.成婚数は表現するが、離婚数については偽る。                            

5.偽りの保証制度を掲げる(支払金の返金、結婚後のサポ−ト)             




悪徳業者は、男女間の言葉の弊害と、人間、良い事を信じたい、と言う思いを、悪徳業者は利用してきます。



また、相手の外国人配偶者の本国から非常に多くの書類を用意し、滞在ビザを取得する必要があり、これにも悪徳仲介業者は付け込み、生業を得ている傾向にあり。


この事より、通常の国際結婚をした人より、格段と離婚率が高いです。






妻が日本人で夫が外国人である場合

夫が日本人・妻が外国人の国際結婚同様、その文化や風習、考え方や国民性の違いによる離婚率は高く、在日米軍の男性などと結婚する日本人女性の離婚率は国際結婚の平均離婚率より高いと言われている。


国際結婚

国際結婚とは?

国際結婚こくさいけっこん)とは、異なった国の出身者間での婚姻を指します。



この記事では主に日本人と「外国人」(日本以外の出身者)との婚姻について言います。



日本が江戸時代の鎖国を解いて開国した後、近代国家として歩み始めた明治時代から、日本人と外国人の結婚は極めて少ないながらも存在しましたが、それは小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)のようなごく限られたケースです。



大正から昭和に入ると、国粋主義が勢力を増し、国際結婚はタブー視されてました。



戦後直後は進駐軍兵士と日本人女性との間の事実婚が多かったといいます(汗。




近年の日本で国際結婚が話題になり始めたのは、1980年代以後のいわゆるバブル期です。(バブル経験したこと無い・・・)



当時は円高ということもあって海外に出かける日本人が急増し、その結果、外国人との結婚に対して心理的な障壁を感じない日本人が多い事が可能性として挙げられます。



またこれとは別に、結婚を望むが適わない男性が多数生じるという状況が日本では発生し始めていました。



それまでは結婚適齢期の女性人口が男性人口を上回っていたのが、同数か男性過剰となったことが原因かと。



あるいは、女性が男性に求めた条件が厳しすぎたという意見もある(三高など)。




とりわけ東北地方などで農業を営む独身男性に取っては深刻な事態であり、結婚相手の不足がしばしばマスメディアで報じられるようになり「嫁不足」(大汗




このため、農協や自治体を中心に、結婚相手を日本よりも経済的に低い状態にある他国へ求める動きが活発となり、主に中国やフィリピンなどとの「お見合いツアー」が開かれ、なんとまあ・・・一定の成果を挙げました。




1990年代以後、バブル景気は崩壊したが国際結婚は日本社会に定着しており、近年も増加しています。



近年の国際結婚の増加には、明らかに嫁不足という事情があったことは事実であるが、最近では人柄や相性などが重視されるようになりました。



しかし、近年の日本女性には、過去の経緯や偏見から、外国人女性と日本人男性との国際結婚カップルを非難するような意見あります。



※1 この当時白人男性と日本人女性のカップルの多くは内縁の関係にあったが。ハーンの場合は正式の婚姻を行っている。このことについてハーンは友人より内縁関係でいることを薦められたが、敢えて結婚に踏み切っている。



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。