結婚人間セラピー

席次表の名称?

ほぼ、トリビアなんじゃーん?って感じの席次表の名称です。


披露宴の各テーブルにつけられた名称があります。


新郎新婦が座るメインテーブルは

「高砂」(常識)


あと「松竹梅」(新郎側から新婦側へ向かって)や「鶴亀」といわれます。



高砂・・・老夫婦の人形でともに白髪になるまで仲睦まじくという願いがこめられている。


松・・・寒さに強く一年中色をかえず緑を保っている松。中国では不易の象徴の木。


竹・・・竹には節目があり、高くまっすぐ伸びる。そのため人生の節目をきちんと迎え、めでたいという意味をもつ。

梅・・・梅は冬の寒さの中で一番最初に咲く花。また、冬の間じっと寒さに耐えることから人生でどんなにつらいことがあっても乗り越えれば開花するという意味をもつ。



中国ではこの松竹梅を「歳寒三友」と称し人の一生の象徴にしています。

鶴亀・・・鶴は千年、亀は万年といわれ、長寿のシンボル。


この意味を把握しておくと、列席の方々への心構えがハッキリします。

結婚人間セラピー

結婚人間関係:『再婚で出てくる問題』

再婚に関することなんて、あまり書きたくないのですがι(´Д`υ)
幸せになる為に、不幸を知ります。



離婚率が高くなっている現在、当然のことながら再婚の機会も、以前よりはるかに増えました。


×イチという響きも普通になりつつあります。



昔はハリウッドスターぐらいしか聞かなかったんですけどね〜
再婚により、また違うトラブルが出てくることがあります。


多いのは「血のつながっていない子供の育て方」とかですね
たとえば母親が子供を連れてきて再婚の場合、子供がすでに大きくなっていることがあります。


その子供が父親である自分を受け入れてくれなかったり、しかり方がわからなかったりします。

そういった育児関連のトラブルが多いようですね^^;

結婚人間セラピー

結婚人間関係:『家に帰れないのならば、ちゃんと電話する!』

結婚後の人間関係がギクシャクするありがちなパターン


仕事でどうしても家に帰れなくなり、終わったら部下と一緒に飲みに行った。


妻が一生懸命作った手料理はラップにくるまったまま朝を迎える。



そして、そんなことがあまりにも頻繁に続くので妻はご飯を作らなくなった。

スーパーで買ってきた惣菜で済ましている。



・・・ダンナも不満がたまる



こうなったら最悪の循環です!
防ぐ方法はいたってカンタン、早く帰れないと思ったら妻に電話するだけ。

たったこれだけで防げます!


家で待っている人の気持ちを分かってあげてください。




現在は携帯電話もあるのでなおさらです。



ダンナもご飯を作ってみろよ!!

いちおー心配してんのよ!!!
(o ̄∇ ̄)=◯)`ν゜)・;'


24時間働きますか!という言葉で代表されるようにとにかく仕事がハードな夫だとしますね。



夜遅くにしか家に帰ってこれなくて、帰ってくると晩ご飯を食べるのを待っていた妻がソファーで寝ている。

そしてそれはダンナは当然のことだと思いメシを食べる。



感謝のカケラも無いと、妻は不満全開になります。


「いつもありがとう」という感謝の気持ちを忘れないでいてくださいね♪

結婚人間セラピー

結婚人間関係:『夫婦の会話のすれ違い』

今日、横浜は国際花火大会ですね。

横浜近郊にお住まいの方は、夫婦で、家族で、カップルで花火をご覧になっては如何ですか?


国際花火大会を利用し、会話のネタに!




男性と女性は根本的に会話の仕方が違います
それを意識しているかどうかで、先々エライ差が出てきます(汗



まず男性からですが、男性は一方的に話す人が非常に多いです。

自分の言いたいことをベラベラベラ〜
って喋るんですね


そして話し終わった後はスッキリというのに対して、女性は「対話」を楽しみます。



男性が一方的に話すのを嫌う女性も多いんですよ
特にダンナとなると毎日、一方的な話を聞かされてかなりストレスになっている奥様もいるようです(゚Д゚;)


ダンナが一番のストレスと挙げているΣ!;゚ε゚ ;!
女性も多いようですよ。


気がついていないダンナさん方、以外にも多いので気をつけてくださいね(´ヘ`;)

結婚人間セラピー

結婚人間関係:『自宅に帰るのを夫がイヤがるようになる?』

どうしようも無いぐらい可愛くて愛しい生まれたての我が子。
当たり前ですが、子供の健康についてヨメはピリピリしています。



夫がプッカ〜っとタバコを吸ったりしたら、妻は怒り、激を飛ばすでしょう。

しかし、残念ながらそれが普通です・・・。



仕方なく、ダンナはベランダでたばこを吸います(-ω-#)y-~~~~ごにょごにょ


さらに酒でベロベロになった姿を見せるのもダメといった厳しい奥さんもいます。



自分の居場所が無くなった夫は、家に帰るのがイヤになるそうです・・。



不倫のキッカケになりかねないので気をつけましょう!

といっても、ワタシも子供の目の前でタバコを吸ったら
怒りますけどね^^;

ってか( #゚д゚)=○)゚Д)^^^^^^゚



副流煙はスッゴク体に悪いですからね〜!


格好品のたしなみは大人のマナーでお願いします。

結婚人間セラピー

結婚人間関係:『やさしすぎる夫は逆に危険なこともある』

横浜国際花火・・・すっごい人だかりでした。
悪ぶった子たちがいっぱい闊歩してました。
若いですねぇ〜(汗



女性は男性の強さ、たくましさに惹かれる女性が多いです。
高校生のときに、ちょっと悪ぶっている子が意外とモテたり
するのもそのせいですね



ワイルドさに惚れるってヤツですか?^^;



これは結婚してからも変わりません。
妻は夫の強い姿を見たいと心の奥底では思っています



勘違いしないで欲しいのは、肉体的な強さとかではありませんよ。



仕事にかける熱い想いを語る夫
子供をバシっと叱る夫
悪いことはキッチリと妻に伝える夫



それが優しさを勘違いして、何かとヨメに謝っているだけの人がいます。


妻は飽きれていますよ


結婚人間セラピー

結婚人間関係:『男性は元から浮気がしたい生き物なのか?』

夫のほとんどが綺麗な女性と浮気したいと考えている!!



これは雑誌に載っていたアンケートの結果ですが、かなりの男性が自分のヨメさんよりも美しい女性に誘惑されたら不倫したいと考えているそうです(゚Д゚;)



驚いたと同時に、そうなのかも知れないと悲しい気持ちになったことを覚えています。



浮気遺伝子があると聞いたこともありますが、
コレも本当なんですかね〜


聞いた話では、縄文文化の時代には、一夫多妻だった。
そこで、男どもは、より多くの違った女性との間に遺伝子を残そうとした。

一夫一妻の男の遺伝子より・・
一夫多妻の男の遺伝子のほうが、必然的に多い。

だから、今現在の男性たちは遺伝子学的に動物としてみれば、しょうがない事なのだとか・・


知るかー!んなもん!



遺伝子治療で取り除いて欲しいですね
って、出来ないか^^;

結婚人間セラピー

結婚人間関係:『結婚してから夫が優しくなくなった!』

結婚した女性がもっとも悩むことのひとつですね。
主婦の立ち話でも、よく話題にあがるようです。



では、実際のところはどうなのか?



「それが本当の姿なんですよ」 ←キッパリ!!



恋愛中の男性は、みんな仮面をかぶっています。
出来る限り素晴らしい自分をアピールします。



魅力のある彼女であればあるほどそうなります
そして優しかった彼は、結婚することで、アナタを
手に入れたと安心して素顔に戻るからです



男性のほとんどが、結婚するまでのほうが
2倍ぐらい優しいと思っておいたほうがラクでしょう



ハッキリ言って、これは男性の責任でしょうね。
最初から普通だったら問題無いんですよ



・・・って、言ってもムリでしょうが(苦笑)





しかし、悲観的にとるのはやめましょう。




アイツならこう言うでしょう。

梅干を食べたような顔して言うでしょう。


「自分で決めた道なんだからよぅ」

結婚人間セラピー

結婚人間関係:年をとって、おじいちゃん、おばあちゃんになっても』

結婚後の人間関係は波乱万丈です。。。

と言う方は是非読んでみてください。




気持ちの問題ですね。

すっとしました。




落下流水

流れる水面にハラハラと花びらが落ちる。
花はどこに落ちようか、と思っているわけじゃない。
水は花びらをどこに運ぼうかと思って流れているわけじゃない。
たまたまその出会いがあって、
美しい情景が生まれている。

        

         (by玄侑宗久)


気ままにいきまっしょい♪






たまたま見ていたTV番組で、
あるおじいちゃんがおばあちゃんの存在について

「おばあちゃんを今でも好きですか?」

と尋ねられていたのです。
おじいちゃんはなんと答えたと思いますか?
わたし、その言葉を聞いてドキっとしちゃいました。







「おばあちゃんを今でも好きですか?」







「神様から自分に与えられたものじゃと思っとる。
 だから
 好きとか愛してるを超越しとると言うんかね・・」







・・神様から与えられた。

おじいちゃんの世代の結婚は、恋愛結婚の時代ではなくて
文字通り「与えられた」結婚だったかもしれない。
でも、その後におじいちゃんが発した「超越しとる」って・・



形から入った結婚、でも、おじいちゃんは確かにおばあちゃんと
ふたりで、その境遇を受け入れて歩んでいる。


出会いの成り行きに身を任せた、落花流水。


そのご夫婦が、おじいちゃんの
人生を受け止めた生き方がとても美しいと思えました。


老いて尚、あんなに生き生きしてるおじいちゃん、
魅力的でした。






隣で一緒に見ていたダンナは


「シワが増えても、

おじいちゃん、おばあちゃんになっても

シワ増えたねー    あんたもだよ!!

って、笑って過ごして生きたいもんだ!」

ですって(〃▽〃)キャー♪


って妄想なんですけどね♪






今、生きている。それは神様が与えてくれたもの♪

限られた日々を私達は生きている。

結婚人間セラピー

『結婚人間関係:夫を日本一の男にする方法』

ある起業家の実話だそうです。


その方は3店舗の飲食店の経営をしていましたが、一生懸命働いているにもかかわらず・・・

毎月150万円前後の赤字が続いていたのだそう。


打開策が見えない。
ドコ?(T-T ))(( T-T)ドコ?



そんなある日、
やっと片言でちょっと話すようになった子供がなにかを自分に告げようとしています。


でも、何を言っているのかよくわかりません。



よくよく聞いてみると・・・・











「にほんいちのぱぱ」








思わず涙がこぼれたそうです。
なんと自分は情けない人間なんだろうと。

日本一のパパ、
子供の言葉に素直にうなづけない自分が悔しい。


それから彼は一念発起し、なんと、料理の味etc・・・・・すべてを改善しようと全力で取り組み始めます。


研究に研究をかさねた料理が、次第にお客様に喜ばれるようになり、



結果。
2年後には25店舗にまで店舗数が拡大したのだそう。



「にほんいちのぱぱ」
この8文字の言葉が彼の人生を変えたのです。



ところで、



なぜ、




そんな小さな子供が
「にほんいちのぱぱ」という言葉を知っていたのでしょうか。





彼の奥様が、普段から子供に語りかけていた言葉だったからです。






「あなたのパパは日本一のパパよ」





         
◎【出典】「メンタリングマネジメント―共感と信頼の人材育成術」
         福島 正伸著(ダイヤモンド社)


↑試しました。

子供みたいに泣いてました。

「オレ、オレ、・・・がんばる!!!!!」




もし、ご結婚後、お子さんがいらっしゃるご家庭の方


結婚後人間関係がギクシャクしている方

あなたの夫は日本一の男になるチャンスがあります。




1 2 >>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。