結婚式の新郎謝辞例文やスピーチ、友人挨拶などの例文集 > 結婚式 > 結婚にまつわるお金の支払い方。結婚式当日編@結婚の常識

結婚式

結婚にまつわるお金の支払い方。結婚式当日編@結婚の常識

結婚,新郎 謝辞,新郎 例文,新郎 挨拶,花嫁 手紙,


■ご祝儀
受付でいただいたご祝儀は、披露宴の間、親か兄弟、姉妹に預かってもらってください。受付も兄弟、姉妹、いとこなどの親族にお願いするのが一番気兼ねなく済むのですが、友人に頼む場合は、ご祝儀を最終的に誰に渡すのか、きちんと確認すること。なお会場によっては披露宴の間、貸金庫で預かってくれるところもあるので段取り良くいきましょう。

■スタッフへの心付け・お礼
心付けとは当日お世話になる、美容師、着付係、介添人、会場係、運転手、カメラマンなどに渡すもの。ポチ袋の表に「寿」と書いて、お札は新札を用意する。両家がお世話になる人へは連名で、ふたりが別々にお世話になる人へは各自の姓を。中の金額別に袋の模様を変えておくと見分けがついて便利。
渡すタイミングは挙式当日、最初に挨拶する時に。本人のほか、両親や仲人夫人が渡してもよい。ダブってしまわないように、誰が誰に渡すか決めておこう。
会場によっては先に心づけはいただきませんと釘打つところもありますので、注意が必要

□■□■心付けの目安■□■□

介添人  3000円〜1万円
美容師・着付係・会場係   3000円〜1万円
 (責任者にまとめてなら1万円、個々になら3000円など)
受付  5000円
プロのカメラマン・司会者・演奏者  3000円〜1万円
友人のカメラマン・司会者  食事相当額 (食事を食べてもらえないので)


■主賓へのお車代
主賓や乾杯の音頭をとってもらう人には、招待した側がお車代を用意する。金額は距離に応じて5000円か1万円。5000円ならポチ袋に、1万円以上なら封筒に入れて、あらかじめ受付の人に預けておき、記帳のときにそっと渡してもらうとスマート♪
ただしハイヤーを手配した場合は不要。

■仲人さんへの謝礼
挙式の一両日中に、両家の両親が揃って出向くのが一般的。先方の都合で無理ならば、披露宴の後、喫茶室など落ちついた場所で、両親と新郎新婦が揃って挨拶を。謝礼の目安はいただいたお祝いの2倍程度。表書きは「御礼」とし、名前は両家の連名で。なお結納からお願いした仲人さんでも、結納とは別にお礼を用意するのが常識だ。

■遠方のお客様の交通費
自分の都合で来ていただくのだから、交通費の全額または半額程度、宿泊費の全額は招待する側が持つべき。特に恩師など目上の人にどうしても出席してもらいたい時は、全額支払うのが礼儀だ。なお、親戚や友人はお互い様ということもあるので、通常の習慣に従っていれば間違いない。

■結婚式費用の分担
一般的には招待人数分の費用をそれぞれが負担し、衣裳、ブーケ、招待客の宿泊代などはそれぞれがもつ。こうすれば、両家で招待人数が大きく違っても、スッキリ解決できるはずだ。ただし男性側が全額負担するといって、女性側が納得すれば、それでもいい。



謝辞どうしようって方は新郎謝辞例文を参考にしてみてください。

結婚,新郎 謝辞,新郎  例文  挨拶,花嫁 手紙,


<<結納〜結婚準備期間 結婚のお金の支払い方法@結婚式の常識 | 結婚式の新郎謝辞例文やスピーチ、友人挨拶などの例文集トップへ | 結婚にまつわるお金の支払い方法。結婚式後も重要よ@結婚の常識>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。