結婚式の新郎謝辞例文やスピーチ、友人挨拶などの例文集 > 結婚式 > 結納〜結婚準備期間 結婚のお金の支払い方法@結婚式の常識

結婚式

結納〜結婚準備期間 結婚のお金の支払い方法@結婚式の常識

結婚,新郎 謝辞,新郎 例文,新郎 挨拶,花嫁 手紙,


◆結納金
結納金は男性側から女性側に贈るものなので、男性側のしきたりに合わせるのが一般的です。また、女性側から結納返しをするかどうかは、地方によって異なりますので相手の出身地に合わせるよう注意が必要です。
例えば関東では半返しといって半額を返す習慣があるが、最初からその分を差し引いて用意するケースも多い。お金の問題なので、両家で話し合って決めるようにしましょう。

◆仲人への結納のお礼
結納の当日には、その場所までのタクシー代の1.5〜2倍(近距離の場合は3倍程度)を「御車代」として包んで、お土産と一緒に渡し、正式なお礼は結納後一両日中に仲人さん宅を訪問して行います(結婚式の媒酌までお願いする場合は、最後にまとめて渡すケースも)。金額は結納金の1割程度を目安にしてください。
仲人さんには両家がお世話になるので、お礼は両家で折半し、表書きも両家の連名に。

◆結納にかかった費用
結納品や記念品の購入代金は別として、結納をした会場の費用(会場費、飲食代等)は両家で折半するのが一般的です。女性側の家で行う場合、男性側はそれに見合うお土産を持参するか、後日お礼をするなどの心遣いをして。

◆会場予約の内金(申込金)
結婚式の希望日をとりあえず押さえる仮予約は無料だが、後日正式な申込みをする時には、内金(または申込金)が必要になります。その金額は5万〜25万円(会場により異なる)。

◆結婚式費用の支払い
費用の支払い期限はマチマチで、挙式10日〜1週間前に全額払う会場もあれば、挙式2〜3週間前に半額、残りを直前という会場や、当日全額精算という会場も。
結婚式当日に現金を数えるのが嫌だという場合もありますが、祝儀を支払に当てるケースもあるようです。事前に確認しておくことが大事。支払い方法は振込みまたは直接会場へ。

◆会場以外の支払い
会場以外の衣裳店を利用した場合は、契約時に料金の10%を支払い、残額は挙式の2週間くらい前に振り込むのが一般的です。ビデオや写真を会場以外の業者に頼んだ場合は1週間前に全額を、ブーケは発注時にやはり全額を、現金か振込みで。



謝辞どうしようって方は新郎謝辞例文を参考にしてみてください。

結婚,新郎 謝辞,新郎  例文  挨拶,花嫁 手紙,


<<結婚式のウェルカムスピーチの重要性 | 結婚式の新郎謝辞例文やスピーチ、友人挨拶などの例文集トップへ | 結婚にまつわるお金の支払い方。結婚式当日編@結婚の常識>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。